蛇口交換の水道工事と種類

水道工事の中でも、蛇口の経年劣化に伴う交換作業の依頼が多く見られます。しかし蛇口 交換と一言で言っても、どこに取り付けられているものなのか、どの種類が使われているかによって作業内容な料金などに違いが生じます。主な種類について以下でまとめました。

■単水栓と混合水栓

蛇口の種類を考えるにあたってまず押さえておきたいのは、単水栓と混合水栓です。両者は構造が全く異なるため、交換の作業にも違いが生じます。単水栓は一つの吐水口から水もしくはお湯の1種類しか出ないものです。混合水栓は水とお湯の両方出るタイプのもので、近年一般家庭の水回りではこちらを採用しているケースが多いです。

■壁付きか台付きか

蛇口がどこに取り付けられているかも家庭によって異なります。文字通り壁と台どちらに取り付けられているかです。壁付きはキッチンや風呂場でよく見られるタイプで、壁の中を伝っている給水管と直接つながっています。台付きはキッチンのシンクに取り付けられているタイプで、給水ホースと給水管を接続することで水が出る仕組みとなっています。キッチンや洗面所で採用されることの多いタイプです。

■まとめ
このように一般家庭の中でも取り付けられている蛇口の種類はいろいろとあります。そしてどの種類を交換・修理するかによって、水道工事の内容や費用も変わってきます。自分の自宅に取り付けられている種類はどれか、あらかじめ把握しておくと実際に水道工事をお願いしたときに内容を理解できるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ