配管の水道工事を行うタイミング

住宅は年数が経過すれば、どうしても劣化していきます。その中には配管設備ももちろん含まれます。その場合、水道 工事などが必要です。具体的にどのような状態になったら工事を検討した方がいいのか、以下でまとめました。

■鋼管は錆が出てきた場合

築古の物件の場合は、鋼管が使用されているケースが多いです。鋼管は鉄で作られているので耐久性に優れています。しかし水が長年通っていると、どうしても錆が発生しやすくなります。例えば水道の蛇口をひねった際に、赤茶色がかった水が出てきた場合、内部に錆の発生している可能性が高いです。パイプ洗浄をしても改善しない場合には、交換を検討したほうがいいです。


■樹脂管は流れの悪くなった場合

比較的新しく建築された住宅の場合、樹脂管を使っているケースがほとんどです。樹脂製のため、鋼管のように錆びる心配はありません。しかし熱に弱いので熱湯や調理した油などをそのまま流すと、継ぎ目が劣化してそこから水漏れを起こす場合があります。その他にはメンテナンスで高圧洗浄を使った際に、その負担で配管がダメージを受ける場合も考えられます。もし最近流れが悪くなってきたと感じたら、水道工事業者に一度相談することです。


■まとめ
このように症状は若干異なるものの、配管も長年同じものを使っているとどうしても劣化しやすいです。もし上のような異変に心当たりがあれば、速やかに業者を呼んで一度その状態を診断してもらった方がいいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ