水道工事の種類

水道工事の種類 キッチンやトイレ、お風呂など私たちの生活に水は欠かすことができません。普段の生活で何気なく使っていますが、ある日突然使用できなくなった時のことを想像してみてください。キッチンが使えないと料理ができませんし、便意は日に何回も来る生理現象ですからトイレが使用できなくなるとかなり不自由です。水回りの設備はほかの住宅設備同様、長年使い続けるとどうしても劣化しやすいです。水漏れ、床が濡れている、水の流れが悪くなったなど気になる症状があれば、水道 工事業者に相談することが大切です。水回りのトラブルといっても、トラブル内容は多種多様です。

■水の流れる場所では水漏れが起きる

配管の部分が常に濡れている、ある時気が付いたら家の中に水たまりのようなものができていたなどの場合は、どこかで水漏れが発生している可能性が疑われます。水道トラブルの中で多いのが、この水漏れです。ある水道局が調査したところ、全体の約22%が水漏れに関するトラブルだったというデータもあります。その原因についてはいろいろな事柄が考えられますが、例えば配管が何らかのダメージを受けて破損した場合や、排水管が詰まりを起こしたことが原因による場合があります。他には、ナットなどの接続部分のゆるみや劣化などが原因の場合もあるでしょう。原因によって、修理のための工事内容も変わってきます。業者を呼んで作業を依頼する際も、スタッフはまず原因を特定したうえでどのような作業が必要になるかをシミュレーションして、費用を算出していきます。

■寿命の場合には交換する必要も
蛇口は日々何気なくひねっているかもしれませんが、このような水道金具には寿命があります。もし長年同じものを使い続けていて何かしらの問題が発生している場合は、寿命に差し掛かっている可能性が出てきます。使い方や使用している環境によって寿命は若干変わってきますが、蛇口や配管などは大体7年から10年が耐用年数の相場といわれています。使い続けて10年前後経過している部品であれば、交換することでその後のトラブルが起こりにくくなるでしょう。以前取り付けた時期のことを思い出し、スタッフの意見などもききながら修理で済ませられるか、交換したほうがいいか判断しましょう。

■水漏れが起きているかどうかの見極め方

蛇口の部分から水が垂れているなど、何か異変が発生していれば、比較的簡単に気が付くことができます。しかし壁の内部などで水漏れが発生している場合は厄介です。この場合、そのまま放置していると建物内部に水が染み出し、建物の劣化につながりかねません。目視で確認できない部分からの水漏れの有無を確認する際は、まず家中の蛇口や水栓を全て閉め、水の流れをシャットアウトします。蛇口を閉めて水を止めたにも関わらず水道メーターが回転し続けているようであれば、水が使われているということになるため、どこかで漏れが発生していると推測できます。毎日同じような使い方をしているのに、水道料金がグンと上がった際にはこの方法を試してみることをおすすめします。

■まとめ
このように水漏れなどの水回りにおけるトラブルは、決して珍しいことではありません。ただ単に接続部のナットが緩んでいるだけであれば、自分で修理できる場合も確かにあります。しかしもし修理の方法が不適切だった際は、水道本来の機能が果たされなくなる恐れもあります。無理して自分で修理をしてしまったことで、別の箇所から水漏れが起きてしまったという話もネット上で見かけられます。もし修理のやり方がわからない、自信がないというのであれば、水道工事専門業者に連絡してプロに作業をお願いするのが賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース